坐骨神経痛の原因をつきとめる

スポンサードリンク

_______________________________________________________________

坐骨神経は末梢神経のなかでもいちばん太い神経です。
坐骨神経は腰椎から骨盤を抜けておしりの筋肉からでて足先まで伸びており、この神経が何らかの理由で圧迫されたり、ひっぱられたり、あるいは血行がわるくなるといわゆる坐骨神経痛となって痛みやしびれがでてきます。

そして坐骨神経痛の原因となる病気には椎間板ヘルニアや変形性腰痛症などがありますが、中には帯状疱疹でも坐骨神経痛の症状がでる人もいます。

それから坐骨神経痛の痛みは、日常生活に支障をきたすほどの辛いものであり安静にするために横になっても痛みがあって寝返りを打てずその結果として不眠症になるなど、さまざまな問題を発生させます。

このような坐骨神経痛の痛みに対して適切な対策を打つには整形外科で診断を受けて坐骨神経痛の原因となる病気を究明することがポイントとなります。

坐骨神経痛の原因の中で多いのは筋肉周辺の問題です。
日常の仕事がデスクワークの人あるいは運動不足の人は筋肉が硬直していることが多いため坐骨神経に悪い影響を与えています。
できるだけストレッチなどで筋肉を柔らかくすることが予防対策のひとつになります。

そしてお尻の筋肉の緊張によるものには梨状筋症候群と呼ばれるものがあって、これは腰やお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれがでてくる症状です。

坐骨神経に影響をおよぼしている原因を取り除くことにより、痛みがうそのように消えてしまうこともあります。
つまり坐骨神経痛の原因を正しく判断することは坐骨神経痛を治療するための有効な手段だということを認識すべきです。

そして坐骨神経痛を治す一番の近道は素人判断でいろいろ試すより、医師にきちんと見てもらい正しい原因をつきとめて治療することです。

 

スポンサードリンク

ページのトップへ▲

坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛の原因をつきとめる
坐骨神経痛の原因をつきとめる
坐骨神経痛の改善と生活習慣
坐骨神経痛の改善と生活習慣
坐骨神経痛の予防と対策
坐骨神経痛の予防と対策
坐骨神経痛を引き起こす疾患と治療
坐骨神経痛を引き起こす疾患と治療
坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛は運動神経・自律神経・知覚神経を含む末梢神経の症状
坐骨神経痛の原因と漢方
坐骨神経痛の原因と漢方
若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛
若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛
坐骨神経痛の予防と治療法
坐骨神経痛の予防と治療法