坐骨神経痛の予防と治療法

スポンサードリンク

___________________________________________________________

 坐骨神経痛の症状が進んでくると、まず臀部から痛みやしびれが始まり、その後は膝から足の指先にまで及びます。
これは坐骨神経が何らかの原因によって圧迫されることで痛みや痺れが起こるからです。
そして加齢による坐骨神経痛の場合は筋肉や骨が老化して腰への負担が大きくなることで発症します。

坐骨神経は長くて太い神経であり、それは腰から始まりお尻から足の先まで走っているため各部位で圧迫されやすいことが坐骨神経痛になる大きな原因のひとつなのです。

坐骨神経痛の治療法は原因と症状によって様々ですので、それぞれの状況に応じて最適な治療方法を見つけることが大事です。
一般的に坐骨神経痛の治療には整形外科、鍼灸、カイロプラクティック、整骨院、整体院などがあります。

仮に坐骨神経痛が軽い場合でも2~3日は安静にして様子をみますがムリに動かすことはタブーです。
素人判断でムリをすると特に椎間板ヘルニアなどは症状をますます悪化させてしまうことがあるからです。

とりわけ椎間板ヘルニアが原因で起きている坐骨神経痛の場合、突然の激痛に見舞われることが珍しくありません。

坐骨神経痛を予防することは最大の対処法であり、具体的には散歩や水中歩行、ヨガやストレッチ、マッサージなどは、腰の部分の筋肉や骨のストレス軽減や強化に効果が期待できる予防法です。

それから冷えは坐骨神経痛にとって大敵ですので日頃から身体を冷やさないようにすることが大事です。
万一、坐骨神経痛が発症した場合、発症部位をしっかりと温めることです。
温めるといえば入浴も効果的なので、例えば保温作用のある薬草や入浴剤を活用するのも坐骨神経痛にとっては効果的な方法です。

入浴は身体を温める以外には肉体的にも精神的にもリラックスさせる作用があります。
日頃から疲れやストレスを溜めないことも坐骨神経痛の予防には大きな効果をもたらします。

あと、坐骨神経痛の予防に適度な運動は効果的ですが急激に強い運動は避けるべきであり、むしろ逆効果です。
まずは軽い運動から始めましょう。

 

スポンサードリンク

ページのトップへ▲

坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛の原因をつきとめる
坐骨神経痛の原因をつきとめる
坐骨神経痛の改善と生活習慣
坐骨神経痛の改善と生活習慣
坐骨神経痛の予防と対策
坐骨神経痛の予防と対策
坐骨神経痛を引き起こす疾患と治療
坐骨神経痛を引き起こす疾患と治療
坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛は運動神経・自律神経・知覚神経を含む末梢神経の症状
坐骨神経痛の原因と漢方
坐骨神経痛の原因と漢方
若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛
若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛
坐骨神経痛の予防と治療法
坐骨神経痛の予防と治療法