若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛

スポンサードリンク

_____________________________________________________________

1.若年層の坐骨神経痛

若年層の場合の坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群によって坐骨神経痛を引き起こすことが多いと言われています。

椎間板は、背骨を構成している各骨(椎骨)と骨の間にあって弾力性があり、体への衝撃を吸収するという大切な役割があります。
そしてこの椎間板が負荷になるとはみだしてしまうことがあり、それが原因で神経が刺激されると、坐骨神経の通っている範囲に症状が生じます。

腰椎椎間板ヘルニアは、一般的には急激に発症することが多く、ラセーグ徴候といって体を横にしたままで、痛みのある方の脚の膝を伸ばしたまま上げると、坐骨神経痛の痛みがさらに強くなるという症状が起こります。

腰椎椎間板ヘルニアのほとんどは、身体の片側にだけ症状が出ますが、ヘルニアの位置やその大きさによっては両側に症状が見られることもあります。

そして梨状筋症候群は梨状筋間で坐骨神経が圧迫されることによって引き起こされます。
梨状筋症候群の症状は比較的ゆるやかに発症しますが仕事や運動のストレスなどで悪化することもあります。
通常、梨状筋に問題がある場合には、ラセーグ徴候は起こらないことが多いようです。

2.高齢層の坐骨神経痛

 高齢者の場合の坐骨神経痛は変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に伴って坐骨神経痛が誘発されることが多いようです。

 それから糖尿病や帯状疱疹などが原因で坐骨神経痛を発症することもあります。
 ところで変形性腰椎症は病名ではありません。

 これはどういうことかというと、すなわち変形性腰椎症とは症状を表すものであり、
 加齢的な変化(老化現象)や軽微な繰り返しの作業・スポーツ障害などによって腰椎に生じたレントゲンの異常を表すものなのです。

 それから腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が主に老化などが原因で狭窄(きょうさく:狭くなってしまう)することで発症します。

症状は歩行中に腰の痛み、そして足の方まで痛みやしびれ・つっぱったような感覚があり、途中で休まないと足が前に出なくなることもあります。

3.妊娠中の坐骨神経痛

 これまで坐骨神経痛の症状が全くなかった妊婦さんにも腰痛や肩こり以外に坐骨神経痛を発症することがあります。

母体には赤ちゃんがいるだけでも負担はかかっているわけですが、さらに胎内の赤ちゃんの成長と共に腰椎や骨盤が圧迫されることが坐骨神経痛を引き起こす要因になるようです。
 そのメカニズムは赤ちゃんの成長と共に骨盤や腰椎周辺が圧迫されて血流が悪くなります。

そうすると結果として筋肉がこわばり硬くなるため坐骨神経が圧迫されやすくなるというわけです。
 女性の体内ではお産に備えて関節や靱帯をゆるやかにするホルモンが胎盤から分泌されることで骨盤周囲が不安定となります。

 その結果、尾骨や仙骨・腸骨の関節の痛みを引き起こすことがあるわけです。
 妊娠中の坐骨神経痛は、腰から足に響く感じの痛みが起こりますが、予防対策として、軽いストレッチや体操が効果的です。

 ただし痛みが強く、その状態が続くようでしたら、胎児にも悪影響を及ぼします。
 その際に自己判断で市販の痛み止めをを飲んだりしないようにして、早めに産婦人科医に相談することが大切です。

4.その他の坐骨神経痛

 年齢に関係ない特殊な疾患には脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などがあります。
 そして脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍のような腫瘍性の病変で坐骨神経痛が発症すると痛みがひどく
 保存的治療では治りにくいというのが特徴です。
 この場合、手術治療ではなく病気になっている臓器の機能を残しながら行う治療となります。


 

スポンサードリンク

ページのトップへ▲

坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛の原因をつきとめる
坐骨神経痛の原因をつきとめる
坐骨神経痛の改善と生活習慣
坐骨神経痛の改善と生活習慣
坐骨神経痛の予防と対策
坐骨神経痛の予防と対策
坐骨神経痛を引き起こす疾患と治療
坐骨神経痛を引き起こす疾患と治療
坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛は運動神経・自律神経・知覚神経を含む末梢神経の症状
坐骨神経痛の原因と漢方
坐骨神経痛の原因と漢方
若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛
若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛
坐骨神経痛の予防と治療法
坐骨神経痛の予防と治療法