坐骨神経痛のタイプ

スポンサードリンク

_____________________________________________________________

坐骨神経痛の痛みは腰からお尻や太もも、足など広い範囲に起こります。
そして坐骨神経痛の多くの原因は腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアにあって、
これらの原因となる病気を治療することが坐骨神経痛を治すためには不可欠となります。

坐骨神経痛のタイプは以下の3つに分けることができます。

1.狭窄型坐骨神経痛
2.ヘルニア型坐骨神経痛
3.合併方坐骨神経痛

これらの坐骨神経痛を自分自身で判断する方法があります。
万一、あなた自身がお尻や足に痛みやしびれが続いた場合に以下の手順で試してみましょう。

1.平らな床の上に立つ。
2.上半身を前後に倒してみる。
3.身体のどの部分に痛みやしびれが起こるかで判断する。

*狭窄型坐骨神経痛・・・上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる場合。

*ヘルニア型坐骨神経痛・・・上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる場合。

*狭窄症とヘルニアを併発した合併型坐骨神経痛・・・上半身を前に倒しても後ろにそらしても痛みが増す場合。


坐骨神経痛は原因となる疾患が何であっても痛みが非常に強く保存的治療では治りにくいものです。
そこで、症状緩和を図ることが中心とする対処治療が行われます。

日常生活における療養はなんといっても安静第一にすることです。
そして薬による治療、理学治療、ブロック注射、などで痛みを軽減していきます。
それから長時間にわたる座位は極力避けて、コルセットの使用で腰の負担を少しでも和らげることも効果があります。

これらの治療を施しても坐骨神経痛の痛みが軽減しない場合は、いよいよ手術ということになります。
坐骨神経痛が1~2週間たっても改善せず、激しい痛みが生じる、腰痛や下肢のシビレ、筋力低下などを伴う場合は悩むことなく速やかに病院へいくことが大事です。

 

スポンサードリンク

ページのトップへ▲

坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛の原因をつきとめる
坐骨神経痛の原因をつきとめる
坐骨神経痛の改善と生活習慣
坐骨神経痛の改善と生活習慣
坐骨神経痛の予防と対策
坐骨神経痛の予防と対策
坐骨神経痛を引き起こす疾患と治療
坐骨神経痛を引き起こす疾患と治療
坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛は運動神経・自律神経・知覚神経を含む末梢神経の症状
坐骨神経痛の原因と漢方
坐骨神経痛の原因と漢方
若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛
若年・高年層・妊娠中の坐骨神経痛
坐骨神経痛の予防と治療法
坐骨神経痛の予防と治療法